東京スター銀行カードローン審査

MENU

東京スター銀行カードローンの特徴・強み

東京スター銀行と聞いても、関東に住んでいる方でないとピンとこないかもしれませんが、東京スター銀行は東京都港区赤坂に本店を置く、比較的新しい地方銀行です。店舗数は全国に約30店舗と第二地方銀行の中でも少ない方ですが、東京スター銀行はインターネットバンキングに強みをもっており、預金や貸出金の総額では第二地方銀行の中でも10位以内に入るという他の銀行と比べても変わった特色を持っています。 その東京スター銀行では、いくつかのカードローンを商品として取り扱っております。インターネットバンキングの強みを活かした商品である『スターカードローン』と『バンクベスト』について、今回は詳しく解説していきます。 それではまずスターカードローンの商品概要についてです。 利用限度額は10万円〜1000万円となっており、金利に関しては年1.8%~14.6%となっております。限度額1000万まで設定しているカードローンは珍しく、また最低金利は他のカードローンと比較しても非常に低く設定されています。金利の上限値は大手銀行のカードローン並です。また消費者金融と比べた場合、消費者金融の金利の上限値はほとんど18%近くで設定されているため、スターカードローンの金利はお得だと言えます。 カードローンの申し込みにおいては融資までのスピードも大事なポイントですが、スターカードローンは10万の即日融資が可能です。ただし、即日融資を希望する場合は営業日の朝9時30分までに申込みを行い、さらに審査通過後は正午までにインターネット契約の手続きを行う必要があり、ややハードルが高い印象です。また、即日融資を希望する場合には既に東京スター銀行の口座(スターワン口座)を持っている必要があります。 スターワン口座の開設には最短で5営業日かかりますので、即日融資を希望する人は前もって口座開設をしておきましょう。スターワン口座は様々な預金方法が選べ、各種ATMにて手数料無料で引出し可能など、お金を増やすための口座として高く評価されていますので、カードローンに興味のない方も開設を検討する価値があります。 スターカードローンの借り入れ方法としては、東京スター銀行ATMの他に、ゆうちょ銀行、セブン銀行、その他MICS提携ATMにて借り入れることが出来ます。東京スター銀行のATMは銀行としては珍しく24時間使用可能なので、使い勝手は良いでしょう。またスターワン口座の場合、東京スター銀行ATMでは所定時間内であれば何度引き出しても手数料無料、他のATMでも月8回まで翌月手数料のキャッシュバックがあるため実質無料となっておりとても便利です。 返済に関しては、月々の最低の返済額を支払う約定返済は、スターワン口座からの自動引き落としです。お金に余裕のある場合には繰り上げ返済も可能であり、東京スター銀行もしくはゆうちょ銀行ATMを使用して返済するか、

 

インターネットバンキング(スターダイレクト)による返済ができます。 ATMを利用した繰り上げ返済は平日の7時〜19時15分に限られます。スターダイレクトはスターワン口座であれば手数料が無料で、スマホからもいつでも返済が行えるので非常に便利です。 その他のメリットとしては、無職の主婦、年金生活者、パート・アルバイト、学生の人も融資を受けられる点です。銀行系のカードローンでは融資の対象外となってしまうことが多い人でも、安心して申込みできます。 デメリットとしては、月々の返済額が他のカードローンと比べてやや高めであることがあげられます。 他のカードローンでは月々の返済額の最低値は2,000~3,000円程度であるのに対し、スターカードローンでは30万以下の借入まで月々5,000円以上を返済する必要があります。 しかし、返済額が高めであることは単純にデメリットだけではなく、早く返済し終わることによりトータルで支払う金利を低くすることが出来るというメリットもあります。 続いて、バンクベストについてです。 バンクベストはネットローンタイプと言われるもので、東京スター銀行の口座を開設することなく、今持っている口座にネットを通じて東京スター銀行からお金を借り入れたり、口座から東京スター銀行へお金を返済したりできます。バンクベストはカードローンといいつつ専用のカードは発行されません。 バンクベストとスターカードローンとの違いは以下のようになります。

 

・東京スター銀行の口座を開設する必要がない ・インターネットバンキング(スターダイレクト)を通じて東京スター銀行以外の口座へお金を借り入れることができる ・月々の返済も利用している口座から引き落とされる ・繰り上げ返済はpay-easyという決済サービスを利用するか、利用している口座の銀行から振込む ・スターカードローンよりも月々の返済額が高い ・即日融資は不可(バンクベストが利用可能となるのは、郵送される契約内容控え受け取り後になるため) よって、バンクベストはスターカードローンと比較して以下の人に向いていると言えます。 ・即日融資が必要でない人

 

・カードローン用に口座をわざわざ増やしたくない人

 

・東京スター銀行を取り扱っているATMが近くにないので、別のATMを使用したい人 しかしバンクベストの場合、スターダイレクトを通じて持っている口座へ借り入れる際に手数料が発生したり、繰り上げ返済の手続き面倒だったりしますので、上記に当てはまる人以外にはスターカードローンの方が向いていると言えます。

 

東京スター銀行カードローン『バンクベスト』の口コミ・体験談

それでは、『スターカードローン』、『バンクベスト』を実際に使っている人や、申込みした人の評判はどうなのでしょうか。まず、価格.comにて『スターカードローン』の評判をリサーチしてみました。 「価格ドットコム」での評価は星3.77、評価件数は12件でした(2017年3月時点)。まずまず高い評価となっておりますが、口コミ内容について、要約・抜粋して紹介します。 「審査スピードは早く、朝に申し込んで昼過ぎには結果がでました。ただ、住民票などの必要書類が多く少し面倒でした。金利は非常に安く、借入枠も大きかったです。」 「借り入れの手続きはそれなりに簡単でした。消費者金融よりも金利が安く助かりました。」 「金利が低く、さらに延滞損害金の利率も低いのがメリットです。融資までは1週間以上かかりましたが、急ぎではないので問題ありませんでした。」 「審査の早さは普通ですが、融資までには時間がかかりました。金利は安いので急いでいない人に向いているでしょう」 「専業主婦ですが、借りることが出来ました。審査が甘くて助かりました。」 上記のように、評価はおおむね良いようです。金利の安さや審査のスピードを評価する声がある一方、融資までの遅さを指摘する声が多かったです。スターカードローンでは、即日融資が可能なものの、10万までと決められているので、それ以上の融資を希望する人にはやや不満があるかもしれません。 続いて『バンクベスト』についての口コミですが、残念ながら価格.comでの口コミはほとんどありませんでした。東京スター銀行のカードローンのメインはスターカードローンだからでしょう。 その他のサイトの口コミも要約・抜粋して紹介します。 「専業主婦ですが、30万円借りることが出来ました。審査はゆるい印象です。手続きがやや遅いのが不満でした。」 「消費者金融3社から借り入れがあったので、東京スター銀行でおまとめローンを申し込みましたが断られ

 

ました。過去に一度だけ返済を遅延してしまったことが原因だと思いますが、厳しすぎると思います。」 「事故で入院費・手術費が必要になったので申込みました。希望額を借りられたことは良かったですが、対応の電話など何かにつけて待たされることが多かったです。」 やはりここでも、対応や手続きの遅さを不満点に上げる人が多いようです。また、一度の遅延を理由におまとめローンを断られたことを不満点に上げる人もいましたが、銀行系のカードローンでは何よりも信用を重視されるため、断られるのは仕方のないことです。東京スター銀行のおまとめローンは高い評価を得ている商品となっているため、おまとめローン利用を考えている方は延滞など信用を落とすことは絶対にしないように気を付けましょう。 口コミの中でよく上がっている意見をまとめると以下のようになります。 ・審査はゆるめで、専業主婦やパート・アルバイトでも審査に通過できる。 ・金利は低め。延滞障害金の利率も低い。 ・手続き関係で時間がかかる。 スターカードローンは融資までのスピード、という点でやや評価を落としているようです。その点はやはり銀行系のカードローンですので、消費者金融系のカードローンと比べるとスピードが劣るのは仕方のない面もあります。 その反面、審査が銀行系としては甘めな点や、金利が低い点はしっかりと評価されていますので、融資までの時間にあまりこだわらない人には向いているのではないでしょうか。

 

東京スター銀行カードローン『バンクベスト』の金利

それでは、スターカードローン』、『バンクベスト』の金利について、詳しく見ていきましょう。 スターカードローン、バンクベストともに金利の表記は同じであり、は、公式サイトより以下の通りとなっております。

 

契約限度額 10万円~

 

1000万円

 

金利 14.6〜1.8%

 

公式サイトにて金利について問い合わせを行いましたが、「総合的に判断して金利を決定します」との回答でした。金利は借入の際にとても大事な情報になりますし、最近の銀行や消費者金融で取り扱っているカードローンは契約限度額での金利の範囲を明確にしているところも多いので、東京スター銀行も時代の流れに合わせてより詳細な情報をオープンしてほしいところです。 実際に借りている人の口コミから金利の情報を調べましたが、残念ながら金利を推定できるだけの情報はありませんでした。口コミの中には「100万円を借り入れて金利が10%でした」、「20万円借りて金利が9.5%でした」などと言うものもありましたが、他の金融機関のカードローンと比較しても金利が安すぎるため、信ぴょう性は薄いでしょう。

 

それでは、カードローンを金融商品として取り扱っている主な大手銀行や消費者金融、それから東京スター銀行と同じようにサービスを全国展開している地方銀行のカードローンと比較していきましょう。

 

今回は、以下の銀行および消費者金融との比較を行います。

 

大手銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 三井純友銀行カードローン

 

消費者金融 アコム プロミス

 

地方銀行 常陽銀行カードローン キャッシュピット 横浜銀行カードローン

 

大手銀行 消費者金融 地方銀行

 

契約限度額 三菱UFJ銀行 バンクイック 三井住友銀行 カードローン アコム プロミス 常陽銀行 キャッシュピット 横浜銀行 カードローン 東京スター銀行 スターカードローン・ バンクベスト

 

1万円 以上 14.5%~ 12.0% 18.0%~ 7.7% 17.8%~ 4.5% 14.8% 14.6%

 

10万円 以上 14.6%~ 12.6% 14.6%~ 1.8%

 

100万円 未満 以上 12.6%~ 9.6% 12.0%~ 10.0% 15.0%~ 7.7% 12.0% 11.8%

 

200万円 未満 以上 9.6%~ 7.1% 10.0%~ 8.0% 9.8% 8.8%

 

300万円 未満 以上 7.1%~ 6.1% 8.0%~ 7.0% 7.7%~ 4.7% 8.8% 6.8%

 

400万円 未満 以上 6.1%~ 1.8% 7.0%~ 6.0% 7.8% 4.8%

 

500万円 未満 以上 6.0%~ 5.0% 4.7%~ 3.0% 5.5% 4.5%

 

600万円 未満 以上 5.0%~ 4.5% 4.0%

 

700万円 未満 4.5% 以上 4.5%~ 4.0% 3.5% 3.5%

 

800万円 未満 以上 2.5% 3.0%

 

900万円 未満 以上 2.5%

 

1000万円 未満 以上 1.9%

 

さて、バンクベストでは金利の決定の詳細情報がないため、比較するのは難しいですが、もっとも利用者数が多いと考えられる金利の上限値にて比較すると、下記のことが言えます。

 

@ 金利の上限値は、大手銀行のカードローンと比較すると、ほぼ同じか、若干高い。

 

A 消費者金融の商品に比べると、返済方法にもよるが概ね低い。

 

B 他地方銀行が取り扱う人気のカードローンと比較すると、同程度。

 

このように、バンクベストの位置づけの金利の位置づけとしては、大手の銀行の取り扱うカードローンに比べると若干金利は高めですが、消費者金融に比べると金利はお得と言えるでしょう。 カードローンにおいて金利は重要ですが、それ以外にも審査の厳しさ、借り入れ可能枠が希望枠通りに許可されるか、また今すぐにお金が必要な時にすぐに借りられるか、など、重要なポイントがいくつか存在します。以後、バンクベストの金利以外の面にも着目して解説していきます。

 

『スターカードローン』・『バンクベスト』の審査基準 専業主婦でも大丈夫?

さて、それでは『スターカードローン』および『バンクベスト』の審査について詳しく読みといて行きます。 お金が必要になりカードローンの利用を考えている人の中には、「自分の仕事内容と年収でもカードローンの審査に通過できるのか」「自分の希望する額を融資してくれるか」など、不安になっている人も多いでし

 

ょう。しかし、よく分からないからといって適当に申し込みをするのは絶対にやってはいけないことです。 なぜなら、審査に落ちてしまった場合その情報は情報機関に記録されてしまい、別の金融機関でカードローンの申し込みをした時にその審査に落ちた記録が大きな足枷になり、審査を通過できない可能性が高くなるからです。審査に通過するか不安な人ほど、きちんと下調べをして審査通過の可能性が高いと判断してから申し込みを行うようにしましょう。 まず、申し込みを行う前の大前提として、スターカードローンとバンクベストへ申し込みする資格がある人は以下の条件に当てはまる人に限られます。(以下、公式サイトより抜粋) ・申込み時に満20歳以上、65歳未満の人 ・本人または配偶者に定期的な収入がある人 (パート・アルバイト、無職の主婦、年金生活者、学生の人も利用できます) ・保証会社(新生フィナンシャル株式会社)の保証を受けられる人 申込みの前に自分が上記の条件に当てはまっているか、まずはしっかり確認しましょう。 上記の申込条件に無職の主婦、学生の人も申し込みが可能と記載されています。他のカードローンでは申し込みできないこと可能性がある人も申し込みが可能であることから、東京スター銀行カードローンの審査基準は低めであることが推測されます。 それでは、実際に借り入れた人の口コミを見ていきましょう。以下は、価格.comの口コミをまとめた表になります。

 

年収 年齢 職業 借り入れ金額

 

1000~ 50代 会社員 300~500

 

600~800 40代 会社員 30~50

 

600~800 40代 会社員 30~50

 

600~800 40代 会社員 5~10

 

400~600 50代 会社員 10~30

 

400~600 30代 経営者 30~50

 

400~600 40代 会社員 10~30

 

400~600 30代 会社員 5~10

 

200~400 30代 会社員 5~10

 

200~400 20代 会社員 10~30

 

200~400 20代 会社員 10~30

 

〜200 40代 専業主婦 5~10

 

〜200 20代 会社員 10~30

 

口コミ数は少ないですが、自身に収入のない専業主婦の方でも問題なく借りられているようです。また、年収が200万以下の方でも30万の借り入れが出来ていることもポイントです。 他のサイトの口コミを調べても東京スター銀行のカードローンの審査は銀行系としてはかなり甘めであるという評価が大半を占めています。他のカードローンで断られても、東京スター銀行のカードローンでは審査を通過できたという人も多くいるようです。 公式サイトの申し込み条件や、各種口コミを総合的に判断すると東京スター銀行のカードローン、スターカードローンとバンクベストの審査は他の銀行系のカードローンよりも甘めと言えるでしょう。銀行系のカードローンは審査が厳しいと諦めて金利の高い消費者金融系のカードローンに申し込みを行おうと考えている人も、一度東京スター銀行への申し込みを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

『スターカードローン』・『バンクベスト』の在籍確認 会社にばれない方法は?

続いて、『スターカードローン』および『バンクベスト』を申し込んだ後の在籍確認の電話についてです。「在籍確認」は、申し込みの際に記載した勤務先に嘘偽りがないか、金融会社がお金を貸す際に必ず行うといってもいい確認作業です。金融会社、特に、申込者の信用性を重視する銀行系では在籍確認無しでお金を借りることは困難です。 もちろん、東京スター銀行のスターカードローンおよびバンクベストでも在籍確認は行われます。公式サイトに下記の通り記載があります。 ・当行または保証会社よりお勤め先・ご自宅に(個人名で)お電話致します。 ・仮審査の結果によってはご連絡しない場合もございます。

 

ご連絡しない場合もございます、と記載していますが、基本的に在籍確認はするものと考えて間違いありません。 「在籍確認」の電話で最も心配になるのが、会社や家族にカードローンでお金を借りていることがバレることはないか、ということです。カードローンはかなり身近な金融商品になったとはいえ、現在でもお金を借りることに対して良い顔をしない人は少なくありません。職場で妙な噂を立てられるのはなんとしても避けたいところです。 まず、第一に気になる点は、相手が電話をかけてきた際に、銀行名を名乗るかどうかです。いきなり銀行から電話がかかってくれば、みんな不思議に思い、会話に注目するでしょう。カンの良い人であれば、なじみのない銀行から電話がかかってくる時点で、カードローンでお金を借り入れようとしていることを察するかもしれません。 その点、スターカードローンおよびバンクベストに関しては、在籍確認の際に、電話をかけてきた担当者が会社名を名乗ることはありません。そのことは、東京スター銀行の公式サイトにも明記されていますので安心です。在籍確認の電話を受けた人が、会社名を名乗らない電話に対して不思議に思うことがあるかもしれませんが、あとからいくらでも言い訳が可能ですので問題ないでしょう。 また、もし在籍確認の電話がかかってきた時にたまたま休みだったり、席を外したりしていても心配はありません。電話に出た別の職員に電話の目的を話すことはありませんし、その部署に在籍していることが確認できれば、本人がいなくても在籍確認は完了します。 在籍確認のタイミングは、スターカードローンおよびバンクベストの場合、インターネットもしくは電話にて仮審査を申し込んだ後になります。他のカードローンの場合、仮審査ではなく本審査の時に在籍確認を行うケースが多いので、在籍確認のタイミングが違う点に注意してください。 仮審査は非常にスピーディに行われ、仮審査の申し込み後まもなく在籍確認の電話がかかってきますので、気持ちの準備をしておりきましょう。 しかし、やはり不安な人もいるでしょう。また、中には個人名で電話がかかってきても電話の取次ぎを断っている会社もあるかもしれません。在籍確認について不安がある人は東京スター銀行の担当者と相談し、一番良い方法を協議するのが良いでしょう。カードローンの申し込み者は大切なお客様なので、担当者も親身になって相談してくれるはずです。 在籍確認をスムーズにすすめる方法として、以下の方法をおすすめします。 ・在籍確認の電話をしてくる担当者の名前を事前に確認しておく ・電話がかかってくる時間を明確に決めておく ・同僚に担当者名を伝えて、不在時に電話があったら折り返し電話をするように伝えてほしいとお願いする ・電話がかかってくる時間は、自分は席を外しておく 前述したように、在籍確認時に自分自身がいなくても、会社に本当に在籍していることが分かれば在籍確認は完了します。同僚にお願いするときに理由を聞かれるかもしれませんが、「たまたま知り合った保険屋につい名刺を渡してしまって電話がかかってくるかもしれない、会社の電話で保険の話はしたくないので、あとで折り返して電話するように伝えておいてほしい」とでも言っておけば良いでしょう。 在籍確認の電話は緊張するものですが、お金を借りる以上は避けては通れません。前もって準備を念入りに行い、スムーズに確認作業が終わるように心がけましょう。

 

『スターカードローン』『バンクベスト』月々の返済額、返済方法は?

それでは、返済方法や月々の返済額について、詳しく見ていきましょう。 まず、月々の返済についてです。 スターカードローンおよびバンクベストでは、「残高スライドリボルビング方式」という返済方式を採用しています。これは、月末時点のローン残高によって、翌月の最低返済しなければならない金額が変わる方式のことです。よって、返済が進みローン残高が減ってくれば、どんどん毎月の最低返済額が減っていき返済が楽になります。 また、お金に余裕があるときはいつでも返済が可能なので、早めに返済することで、トータルで支払う金利も少なくすることが出来ます。自分で計画的に、ペースにあわせて返済するようにしましょう。 スターカードローンとバンクベストの月々の最低返済金額は以下のようになります。

 

ローン残高 約定返済額 東京スター銀行 東京スター銀行 スターカードローン バンクベスト

 

10万円 以下 5,000円 10,000円

 

30万円 以下 超 10,000円

 

50万円 以下 超 15,000円 20,000円

 

70万円 以下 超 20,000円

 

90万円 以下 超 25,000円

 

100万円 以下 超 30,000円

 

150万円 以下 超 30,000円 40,000円

 

200万円 以下 超 35,000円 50,000円

 

250万円 以下 超 40,000円 55,000円

 

300万円 以下 超 55,000円 65,000円

 

350万円 以下 超 75,000円

 

400万円 以下 超 65,000円 85,000円

 

450万円 以下 超 95,000円

 

500万円 以下 超 75,000円 105,000円

 

600万円 以下 超 85,000円 115,000円

 

700万円 以下 超 95,000円 125,000円

 

800万円 以下 超 105,000円 135,000円

 

900万円 以下 超 115,000円 145,000円

 

1000万円 以下

 

スターカードローンの場合は月々5,000円から、バンクベストの場合は月々10,000円から返済可能です。 他のカードローンの場合、最低返済額が2,000円〜3,000円程度であることが多いですが、東京スター銀行のカードローンはそれよりも高めに設定されていますので、月々の返済の負担はやや大きいです。 しかし、最低返済額が高めであることにはメリットもあり、トータルで支払う金利を下げることができるのです。例として、100,000円を金利15%で借りた場合を考えてみましょう。毎月2,000円を返済した場合、完済まで7年近くかかり、支払う合計の金利はなんと60,000円近くにもなります。一方、毎月5,000円を返済した場合は2年で完済し、金利も16,000円ほどで済むため、お得といえます。 無理のない範囲で毎月なるべく多めに返す、という考え方が大切ですね。 続いて、返済方法についてです。これはスターカードローンとバンクベストでは異なります。 まず、スターカードローンの場合、月々の返済は東京スター銀行のスターワン口座からの自動引き落としとなります。引き落とし日は毎月4日(休業日の場合は翌営業日)です。 お金に余裕があり、繰り上げ返済が行いたい場合は2つの方法があります。

 

・ATM(東京スター銀行またはゆうちょ銀行)による返済 ・インターネットバンキング(スターダイレクト)による返済

 

東京スター銀行、ゆうちょ銀行でも手数料は無料です。しかし、24時間スマホからでも返済が可能なスターダイレクトが最も利便性が高いでしょう。スターワン口座の場合、手数料も無料です。 バンクベストの場合は、東京スター銀行の口座以外が利用できますので、月々の返済は利用登録している銀行の口座からの自動引き落としとなり、引き落とし日は毎月5日(休業日の場合は翌営業日)です。 繰り上げ返済を行いたい場合は、以下の方法があります。 ・利用登録している口座の銀行からの振り込み ・決済サービス(pay-easy)を利用する必要があります。 どちらにせよ、スターカードローンの繰り上げ決済よりもやや手間が増えることになります。

 

 

『スターカードローン』・『バンクベスト』の借り入れ額を増額したい!方法は?

カードローンでお金を借り入れたあと、さらにお金が追加で必要になることもあるでしょう。別の金融機関でお金を借りるのも一つの方法ですが、同じ金融機関で借り入れ金額を増額してもらった方が、金利が下がる可能性があるためお得です。スターカードローンおよびバンクベストではどのようにして借入限度額の増額が可能なのか、解説します。 まず、大前提としてスターカードローンおよびバンクベストでは、借り入れ金の返済途中では、増額をしてもらえません。借り入れ金を一度返済し終わった後に、改めて新規でカードローンの申し込みを行い、その結果、前の借り入れ金額よりも増やしてもらえる可能性があります。 新規の申込みとなりますので、在籍確認含め、通常の審査を通過する必要があります。審査の結果、前の借り入れ金額よりも増額してもらえることもあれば、収入などの変化次第では残念ながら減額もありえます。 それでは、どのようにして銀行から増額の可否を判断されるのでしょうか。 まず第一に、借入回数と借入期間があります。借入回数がすくなかったり、借入れてから時間が経っていな

 

かったりすると、そもそも信頼性を測れるだけの判断材料が銀行側にないのです。一般的に、増額を行う目安として、借入れてから最低6か月は必要だと言われています。 第二に、返済状況です。カードローンの返済を1度でも滞納や遅延してしまった場合、銀行からの信頼性は著しく低下し、増額申請の審査を通過するのはかなり難しくなります。東京スター銀行のカードローンの延滞障害金は低く設定されていますが、それに甘えて遅延をすることが無いように気を付けましょう。 第三に、他社からの借入状況です。東京スター銀行以外の金融機関での借入状況や返済状況も当然チェックされますので、借入金額の合計が増えていたり、他の金融危難で返済の遅延が発生したりしている場合も、増額は難しくなります。 第四に、収入状況の変化です。初回の借入時より、収入が減少していたり、仕事をやめたり別の仕事に転職したりした場合、増額申請の審査通過の可能性はかなり低くなります。 その他、月々の返済以外に、繰り上げ返済を頻繁に行っている人は、返済能力に余裕があると判断され、増額を受けやすくなります。 東京スター銀行での増額を考えている方は、絶対に返済の遅延が無いように気を付けるとともに、職をコロコロと変えたりしないようにしましょう。 また、複数の金融機関で借入がある方の場合、一つの金融機関に借入を一本化するおまとめローンが利用できるかどうかも気になるところです。 おまとめローンを利用することで借入金の管理が楽になったり、返済を一本化できて手間が省けたり、金利の高い金融機関からの借入を金利の低いローンへまとめることで金利の支払いが楽になったりします。 さらに、おまとめローンは借り入れ総額を年収の1/3まで制限する総量規制の対象外となりますので、おまとめローンを利用することで借り入れ総額の増額にもつながります。 スターカードローンおよびバンクベストは、基本的におまとめローンを目的としたカードローンではありませんが、東京スター銀行ではおまとめローンにも利用可能な金融商品として、「スターワンバンクカード」といった商品も用意していますので、おまとめローンを考え中の方は、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。